忍者ブログ

ビジネスで儲けたい方向け

キャンC(白内障点眼薬)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

キャンC(白内障点眼薬)

キャンC(白内障点眼薬)

キャンC(白内障点眼薬)

白内障の手術に不安をお持ちの方
白内障で視界のぼやけが気になる方
点眼薬でもっと積極的な治療を行いたい方
最新の白内障治療を受けたい方

キャンCの特徴・効果効能
白内障治療の点眼薬キャンCは、白内障特有の眼球の酸化状態を改善し、より積極的に白内障を治癒へと導きます。白内障は、水晶体の酸化を防ぐカルノシンという抗酸化成分が、老化などにより減少することによって発病します。この様に、年齢とともにうしなわれていくカルノシンを、眼球に補ってくれるのがNアセチルカルノシン(NAC)点眼薬、キャンCです。

カルノシンは、通常、人間の細胞で生成されるものですが、これが少なくなると水晶体の酸化がすすみ、眼球が白く濁り、最悪の場合は失明に至ります。これまでの日本の白内障治療の主流は、白濁した水晶体を除去し、人工のレンズを入れるという手術で、点眼薬治療では、白内障の症状を遅らせるだけでした。そこで登場したのが、キャンCの有効成分である、Nアセチルカルノシン(NAC)の点眼薬です。この点眼薬の主成分NACは、複合アミノ酸で、眼球に直接浸透し、白内障独特の水晶体の酸化状態を改善。クリアーな視野の回復を、手術なしで促してくれます。

このように、白内障用点眼薬キャンCは、白内障の進行を遅らせるだけではなく、見えるように改善してくれる、最新の医療です。治療の目安として、最初の半年間は1日2回ずつ、7か月後からは1日1回ずつ点眼するだけで、白内障の症状を緩和します。この手軽さと、白内障の不快な症状を取り除いてくれる効能の高さで、白内障を患っている方に人気の点眼薬です。

効果的なキャンCの使用方法
使用量の目安
Nアセチルカルノシン含有量:1.0%
最初の6ヶ月まで:1日2回、朝夕に1滴を、治療したい目に点眼
7ヶ月目から:1日1回1滴を、治療したい目に点眼
重篤な場合:1日2回、朝夕に2滴を、治療したい目に点眼
白内障の予防として:1日1回、1~2滴を、両目に点眼

詳細は↓↓↓
>>>キャンC(白内障点眼薬)

PR

コメント

プロフィール

HN:
Ninja
性別:
非公開

P R